« メダルが途切れた日 | メイン | さよなら ニフティ »

2004年08月27日

●明日の同朋会資料

第二十二首

弥陀の智願海水に   他力の信水いりぬれば
真実報土のならいにて 煩悩菩提一味なり

○弥陀の智願海水
海の水のように深く広い智慧の本願

「弥陀の本願を智慧といふなり。この本願を大海にたとへるなり」(左訓)

「弥陀の智願海は、深広にして涯底無し。名を聞きて往生せむと欲すれば、皆悉く彼の国に到る」(曇鸞 往生礼讃)

○他力の信水
阿弥陀よりたまわりたる信心が水となり、本願の海に入る

○真実報土
真実の誓願から報いあらわれた浄土

○煩悩菩提一味
「煩悩と功徳と一つになるなり」(左訓)

第二十三首

如来二種の回向を  ふかく信ずるひとはみな
等正覚にいたるゆえ 憶念の心はたえぬなり

○二種の回向
往相回向と還相回向のこと

往相回向
衆生が浄土へ生まれようとするすがたが、阿弥陀如来から回向される(ふりむけられる)ということ

還相廻向
浄土に往生しようとする者が、菩薩のすがたとなって衆生を救うはたらきを、阿弥陀如来から回向されること 

○等正覚
「正定聚の位なり」(左訓)
ほとんど正覚(仏)に等しい位で、仏に成る直前の菩薩

○憶念
「憶念は、信心をえたるひとは、うたがいなきゆえに、本願をつねにおもいいずるこころのたえぬをいうなり」(唯信鈔文意)

第二十四首

弥陀智願の回向の  信楽まことにうるひとは
摂取不捨の利益ゆえ 等正覚にいたるなり

○弥陀智願の回向
阿弥陀仏の智慧の本願からふりむけられた

○信楽
信心のこと 「楽」には「ねがう」という読み方があった

○摂取不捨
おさめとってすてない

弥陀の本願しんずべし 本願信ずるひとはみな
摂取不捨の利益ゆえ  無上覚をばさとるなり

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/8

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)