« 私が意識する以前から成立している救い(こうさぎ) | メイン | ガラリアのカナ »

2004年09月03日

●華の会

となりのとなりの組の若坊守さんの会に昨日行って来ました

如来、世に出興したまうゆえは、弥陀本願海を説かんとなり。
五濁悪時の群生海、如来如実の言を信ずべし。

この部分について テーマを「諸仏」として話しました

釈迦だけが仏なのではなく 時代と国を越えて 次々と諸々の仏たちが生まれるというのが大乗仏教の「諸仏」という教えであり
世自在王仏と法蔵菩薩 釈迦と阿難 そして法然と親鸞といった出会いが仏教を伝えてきたと そのあたりを 先日TVでやってた「シックス・センス」を例に出してみました

シックス・センス
この映画 初めて見たのですが実に面白かった! 最後のドンデンガエシが最高! 救おうとするものが そのまま救われるものになるですよね
その辺りを「自利利他円満」を内容とする出会いということでやってみました

漢字文化がなかなか若い世代に受け入れられないということもあって 映画などを喩えにつかってみたのですが 自分としてはうまく話せたと思いました

しかし「シックス・センス」といえばゴーストということもあって「幽霊とかって真宗じゃどうなるの」という座談会になり すこし混沌としてしまいました

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/11

コメント

シックス・センスのあらすじはどんなものですか? 名前だけは知っていても、肝心の映画を観ていません(--)
昨晩、放映していた「バイオ・ハザード」もゲームをしてない者にはよくわからなくて、途中でチャンネルを変えました(^^;

おもろいのであらすじ知らないほうがいいでし
DVD借りてPS2でご覧になりなされー

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)