« 「2003年度・絵本100冊プレゼント」報告書 | メイン | 玉永寺報恩講 »

2004年10月19日

●第11組同朋の会

毎月18日 地域の60代から80代ぐらいの方々が15人ぐらい集まって 正信偈を読んできた
私が講師を引き継いで お話をはじめてから2年ぐらいになる
ほんまに 正信偈の一句一句に けっこう正面から取り組むことができた
とてもいい経験をさせていただいたなーと 感謝感謝

もうすぐ正信偈も終わるので 次になにをテキストにするかという話題になって 正信偈の背景という全景というか つまり教行信証を読みたいという意見が出てきた

正直 びっくりした!!

思わず「私の力に余ります」なんて台詞が オレの口からでてきましたよぉ!

しかし いま 沸沸と やってみたら面白いだろうなーなんて 妄想してしまうのだ
大学とか研究室とか そんなところではなく 田舎のじいちゃんばあちゃんといっしょに こんな若造がベラベラに読む 教行信証って どうなるんだ??

ワクワクするが どうなることやら

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/38

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)