« 師走 4 | メイン | なかなか勉強できんもんだ »

2004年12月18日

●最近のアニメ

新ガンダムの続編みたいのがはじまってる
 
前作ガンダムSEEDが、最終話を迎えようとしていた2003年9月末、あるアメリカの知識人が白血病のために亡くなった。
 エドワード・サイード、「オリエンタリズム」「イスラム報道」などの著書で有名な元コロンビア大学の教授である。パレスチナ人としてカイロで生まれ、エルサレムで育った彼は、アメリカに学んだ。
一貫してイスラエル・パレスチナ問題に取り組んだ彼の生涯を無駄にしてはならないと、アメリカをはじめ世界中にいる彼の信奉者たちはいまも対話による紛争の解決を求め、非戦を唱え続けている。
 この10月からスタートしたガンダムSEEDデスティニーは、すでにその頃から制作すると計画されていたのだが、何か因縁めいたものを感じた。それは、前作では戦いを終わらせるのは、暴力ではないという非戦をテーマに据えて主人公たちのドラマを描いてきたからだ。
 前作から引き続き非戦ということを訴え続けるつもりであるが、今回は、戦争がなぜ無くならないのか、戦争や紛争が続いていくのはどうしてか、に焦点をあて、そういった戦争のメカニズムのようなものを追及してみようと考えて制作することになった。
 スタートしてまもなく再選を果たしたブッシュ大統領がファルージャでの掃討作戦を展開し、ますます混迷を深めるイラク情勢を背景に、現実の世界の状況もふまえて作品の中で我々も考えてみたい、そんな思いで最後まで走りきりたいと思う。

 監督、脚本家をはじめ、現場の制作スタッフは厳しいスケジュールに追われているが、番組を見てくれている視聴者の方々に他人ごとのように思われている世界情勢を少しでも自分の身にひきつけて考えてもらえるようになれば、我々にとって、望外の幸いである。

長いけど プロデューサーの熱血インタビュー 楽しみに見てる

同じ時間帯にNHK教育で「MAJOR」がはじまってる
はまってコミック全巻あつめたのがNHKでアニメ化されたのは意外だった
今日はおとさんが死んでしまう回で可哀相だった

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/57

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)