« 日曜学校指導者研修会 | メイン | シン・アスカ »

2005年05月31日

●ハンセン病訴訟勝訴4周年記念シンポジウム打ち合わせ

打ち合わせが富山西別院でありました。
この活動には昨年ほとんど関われませんでしたが、再びがんばろうと思っています。
 
このごろは本願寺派の方々ががんばっていて、大谷派の出席者が少ないのが残念。
 
以下、ごぼはんだよりより転載
 

 
 
ハンセン病訴訟勝訴4周年記念シンポジウム
今こそ考えよう ハンセン病

2001年5月11日熊本地裁は、ハンセン病回復者に対する国の隔離政策の過ちを認め、国の謝罪と賠償を認める判決を下しました。あれから4年が経過しました。
今回、判決の原点に戻って、裁判の女性原告である上野正子さんと、弁護団代表の徳田靖之さんをお招きして、シンポジウムを開催するとともに、写真展を併催し、あらためて判決の意義について考えたいと思います。
日 時  2005年6月24日(金)午後6時30分〜8時50分(午後6時受付開始)
会 場  富山市民プラザ(4階アンサンブルホール)
講 師  徳田靖之氏
(ハンセン病国家賠償西日本訴訟弁護団代表)
      上野正子氏(ハンセン病国家賠償西日本訴訟原告)
日 程
   6:30 開会
   6:40 いま 富山では   …若者立ちが
   7:10 シンポジウム  「熊本訴訟から4年  あらためて判決の意義とこれからを問う」
   8:45 閉会
参加費  500円(資料代として)

主催:ハンセン病問題 ふるさとネットワーク富山


<併催>
高波 淳(朝日新聞カメラマン)写真展
「生き抜いた!ハンセン病元患者の肖像と軌跡」
6月23日(木)〜26日(日) 午前9時〜午後9時
               ただし、23日は午後1時より会場、26日は午後6時にて終了
◎富山市民プラザ2階ギャラリーA
<<入 場 無 料>>

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/70

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)