« 憲法と平和を問いなおす | メイン | 関西への旅 »

2005年06月13日

●アニメよもやま話

先日、「Zガンダム〜星を継ぐ者〜」の2回目、アニメ仲間のAckyさんをお誘いして行ってきました。2回目となりますと、はしょったテンポとか新旧混在の映像とかに慣れて、十分に内容を楽しむことができました。

 私はガンダムと銘打った作品のなかでも(OVAとか全部制覇したわけでないですが)Zガンダムが一番お気に入りです。まず、ブライトが艦長になる前のアーガマの雰囲気がいい。スタートレックみたいな感じで。フレックス准将がそこに立ってるだけでエエです。そして、今回のアムロが輸送機でアッシマーに体当たりするシーンもたまらん。ニュータイプの凄さということをこういう形で表現するのがまた、凄いなと思いますわ。 もう一度、いきたいのですがw 「ミリオンダラーベイビー」、「バタフライエフェクト」そして「エピソードⅢ」も行きたいので、DVDが出るまで我慢します。

これまた先日、バンダイチャンネルをのぞいたら「青い瞳の銀鈴」が放映されていたのでさっそく楽しみました。 OVA「ジャイアントロボ」というのが核問題を取り扱ったお気に入りオススメの作品でして、その外伝をずっと見たかったのですがレンタルにもないし高価なDVDを購入するしかないかと思っていたのが、ネットで見れるようになってラッキーでした。こういうのを見ると、作品が作られた頃の盛り上がりみたいなのものを感じす。

 今川泰宏の作品は非常に個性的で大好きです。「機動武闘伝Gガンダム」もすばらしいのですが、最新作の「鉄人28号」リメイクはまさに、奇作でありました。別にレビューを書こうと思っています。

 TVでは「メジャー」が終わってしまいましたが、「ツバサクロニカル」がアニメ化されて驚いています。あと、「エウレカセブン」なんぞも見始めました。

 いや〜 アニメ文化って ホントにいいですねぇ〜

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/82

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)