« あしたネルソンさんに会いにいくのだ | メイン | ネルソンさんに会いました »

2005年06月17日

●発願回向

今日は組の同朋会へお話しに行く。テキストは「宗祖親鸞聖人」、聖人の生涯をたずねたものだが、今月は六角堂での夢告がテーマ。性の問題をどう話したらいいのかずっと憂鬱だったのだが、けっきょくのところ、大乗仏教の課題の克服みたいな、かしこまった硬い話になったような気がする。
 
座談会。いきなり先回少し触れた三願転入についての質問がでる。いつもそういう言葉に敏感なおばあちゃんからの質問。なんとか分かりやすく話すように努力。続いて別の方から二十願のなかの回向という言葉について、これは自力ということなのかという質問。説明はするが、徐々に話せば話すほど難解になっていくよう雰囲気に焦りまくる。。。
いつでも、どこでも、だれでもできるお念仏を語るのに、
なぜいつもこんなことになってしまうんだろう。
 
帰り、車のハンドルを握りながら同朋新聞6月号の表紙にある記事を思い出した。
「発願回向とは何か」という老女の問いに、棟方志功が答えたという。
「おばあちゃん、アンタが今それを問うておることが発願回向じゃないか」と。
記事を読んだときは何を言っているのか分からなかったが、今やっとその意味が分かった。
自分の思いを超えて、自分を突き動かすような問いが生まれてくることを、発願回向、他力回向といってるんだと。
 
そういう言葉がポンと出てくるようになりたい。
とにかく志功のようになりたい。
どうしたらそうなれるのかはさっぱり分からんが、
そのためにオレは奮闘努力するのだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/85

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)