« 女子格闘技2 | メイン | オーバーワークなのか »

2005年06月30日

●信仰をもつということ

きのうはらくりんさんをお迎えしての研修会、今日は近くのお寺で一日、お話をしてきた。ほとんど家に居つけない感じだったが、やっと日程表が通常営業になったかんじだ。くたびれはてた。
 
このリアルブログに復帰して、やっとこさ一ヶ月が経った。とんでもなく忙しくて、1月がなかなか終わらなかった。1月が1年ぐらいに思えた、いや、マジです。ホンマに。
 
ここでブログを書いてきて、「ミリオンダラーベイビー」の安楽死についての感想が、こうも他の人と違っていることに少々、驚いた。いろいろ考えたが、結局のところ、私が信仰をもっているということが、こういう違いに出てくるのであろう。
 
わたしも原理主義ということの危険性は意識している。だから、教条的に命は大切だと主張するつもりもない。また仏教は自我への固執を課題にしているのだから、生命への固執ということも議論にできうる。
 
しかし、それだからこそ、臓器移植や安楽死など、生命に関わる問題には、無宗教の人よりも、敏感になってしまうのだろう。ならざるをえないのだろう。
劇中でも、キリスト者である設定のクリント・イーストウッドは、悩みに悩んでいた。
 
その意味では、こういう敏感さをもつことができているオレでいて、信仰をもっていて、よかったと、妙な意識をした事であった。
 
7月からは、少し余裕がでてくるかな。うれしい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/95

コメント

機会があったら、ぜひ『海を飛ぶ夢』を観てみてください。実話に基づいて映画化されたそうです。最後の結末は似ていますが、それに対する考え方は、まったく似ても似つかない、別物の映画です。

富山でも上映されていたのですが 終わってますね
DVDになるのを待ちます
その前に ブログでお示しの本を読もうかな

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)