« フライ,ダディ,フライ | メイン | 天使のくれた時間 »

2005年07月19日

●デビルマン

やはり、酷い、ヤバイ作品でした。
役者さんの台詞の問題はおいといても、永井豪先生の世界観を実写化してしまえば、こうならざるを得ないんだと思います。絶望的に暗い映画でした。
隣人が悪魔であるという恐怖感にとりつかれ、魔女狩りが始まる。それが国同士の戦争となり、人類は滅びていく。。。
なんだか、考えたくないけれども、このごろの世界情勢を鑑みますと、リアリティありすぎて、たまらんです。
 
さて、デビルマンの感想ブログをみていたら、ハリウッドで今度は「寄生獣」が実写化されるんで、同じようにコケないでほしいという論調が目白押しですw こっちも別の意味でエグイ作品になりそうですな。そういえば「ドラゴンボール」はどうなったんでしょう。
こうもにっぽんサブカルチャーがセンターに出てくるってのは、すこし不気味です。でも、表紙が気味悪いから処分しろと、かみさんに何度も言われても、「寄生獣」全巻守りつづけてきた努力が報われたような気もしてます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/106

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)