« 空を飛ぶ夢 | メイン | 現代の戦争被害 »

2005年07月16日

●女王の教室


アナーキズム―名著でたどる日本思想入門

「権力の悪性はすなわち人間の悪性に由来すると達観し、悪による悪の抑圧より他に途はなしと思い定める」のを保守主義というそうだ。そして保守主義は、リアリズムの徹底という点において、アナーキズムと通じるという話が興味深かった。

天海教師の一匹狼で陰謀上手な言動などを見ていて、極右=極左、針が一回りして重なるという話が、具体的に分かったような気がした

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/103

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)