« 現代の戦争被害 | メイン | デビルマン »

2005年07月19日

●フライ,ダディ,フライ

私は映画の評判を知るのにヤフーでのユーザー採点を頼りにしていますが、この映画、けっこう評価高いし、窪塚が在日コリアンを演じた「GO」なんかも興味深くみたんで、みにいきたいなと思ってました。

たまたま塾帰りの実の娘wを誘って行ってきました。それがなんと、暴行された娘の復讐に父が立ち上がるという話で、父娘の設定が年齢的に私のリアルとカブルもんで(もう少し若いですけど・・・)、深く入ってしまいそうになるのをなんとか客観的になろうとつとめつつ、かつまた、となりの娘がどうみてるのか気になりながら、ちょっと集中できない感じで見終わりました。
 
で、帰りにトイレに入ったら、そこに写ってるオレの顔が、もう、情けないくらいたるんでるもんで、かなりガックリきました。堤真一に完璧に自己投影してましたよ、オレ orz
 
ちなみに、娘は「岡田くんがかっこよかった」と言ってました。ハイ、そうですね。。。
 
いろいろ気になる点もあったので、本も買ってしまいました。
こっちは、一気に読みました。この手の本を読んだのは久しぶりでしたが、実に面白かったです。
たしかにおっさんを主人公とした武闘派ファンタジーなんですが、在日コリアンとしての、作家のメッセージがちりばめられてるなと感じました。これはオススメ。

フライ、ダディ、フライ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/105

トラックバック

» フライ,ダディ,フライ(2回目の鑑賞) from ★☆★ Cinema Diary ★☆★
本日4本目は「フライ,ダディ,フライ」です。 公開日以来の鑑賞です。   爽快とても清清しい気持ちです。最高でした スンシン(岡田准一)が登場してからはもう楽しくて楽しくて 本日の締めくくりには最高の作品です。   感想は1回目の時とほとんど同じで ウチは子どもがでっかくなりまして、ホンマに楽になりました。今、ちょっとホッとしています。ここまで、ホンマに、いろいろありました。これからも、いろいろあるでしょうネ。 12月に話す講題を6月に出せと言われまして 「クリスマスにケーキを食べますか?」としました。 内容は、それまでに、考えるということです。。 [Read More]

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)