« 下斗米伸夫「アジア冷戦史」 | メイン | 近況 »

2005年08月05日

●雨あがる

久しぶりに心やすらぐ映画を見た。
 
「たそがれ清兵衛」は教訓的で必死すぎた。この三沢伊兵衛の方が、私の好み
 
貧しいけれど力強く生きている人々に対する尊敬の念と、「なにをしたか、ではなく、なんのためにしたか」手段ではなく願いを大切にせよというメッセージが伝わってくる。 
 
黒澤明の世界は、一味違った。雨あがる 特別版

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/117

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)