« 携帯機種変更 | メイン | 同朋の会 »

2005年10月26日

●ハンセン病ふるさとネットワーク富山公開講座

公開講座テーマ 「韓国ソロフト・台湾楽生院訴訟判決をめぐって」
場所 浄土真宗本願寺派富山別院ホール 
18:00 開場 18:30 開会 100名余りの参加者がありました

藤野豊氏の講演が中心
大事だと思った点が二つ
一つは内戦の混乱に巻き込まれながらも1960年代に台湾・韓国とも隔離政策を止めていたということ。
もう一つは、ソロクト判決が朝鮮の療養所は国立としての認定は受けていないとするが、昭和9年、10年、13年に同等に扱っている資料が存在すること。

講演のあと、各種団体からのアピールがあり、私も以下にある大谷派声明を読み上げました。

静かな集会でした。このごろの学生さんはおとなしいなぁと、思いました。

ハンセン病補償金不支給決定取消請求訴訟判決に対する声明

 本日、東京地方裁判所は、韓国小鹿島更生園(以下「ソロクト」)入所者117人、台湾楽生院入所者25人の原告らが起こした、ハンセン病補償法(以下「補償法」)に基づく補償金の不支給処分取り消しを求める二つの行政訴訟に対し、韓国の原告らの訴えを棄却する一方、台湾の原告らの訴えについては全面的に認めるという、全く異なる判断を示しました。
 真宗大谷派は、台湾の原告らに対する判決を、隔離からの解放を訴えた原告らの声に応え、2001年5月11日、熊本地方裁判所が示した「「らい予防法」違憲国家賠償請求訴訟」(以下「国賠訴訟」)の判決と、それまでの闘いの精神に沿うものであると、強い共感をもって受け止めます。
 また、今回の訴訟において、弁護団はもとより、ハンセン病療養所の入所者、退所者、遺・家族、そして国境を超えた多くの支援者たちの連帯の輪が形作られたことに、大きな意義を感じるものであります。
 そもそも、この裁判での大きな争点は、日本統治下のソロクト、台湾楽生院が、「補償法」に規定する「国立療養所等」に該当するのかどうかということでした。それに対して勝訴判決では、「補償法は広く網羅的にハンセン病の救護・療養施設に入所していた者を救済しようとする特別な立法」であり、「国籍や居住地による制限もないと解すべきである」と指摘し、「強制隔離された施設が台湾にあったというだけの理由で、補償対象から除外することは平等取り扱いの原則から好ましくない」という明解な判断を示しました。このことは国賠訴訟判決を受けて制定された「補償法」の立法の精神を尊重したものであり、今後のハンセン病問題に対する国の施策基盤を改めて示す、極めて重要な判断であると受け止めます。
 一方、韓国の原告らの訴えが棄却された判決は、旧植民地統治下の施設入所者の被害実態が明らかになっていなかった、「補償法」制定過程における国会審議を背景として導き出されたものであり、いうならば、加害の側にある問題を理由に、被害者の訴えを退けようとするものであります。まさに、人のいたみ、苦しみに正面から向き合おうとしない判決であり、さらにこの判決が、原告の隔離の苦しみをさらに増幅させるものであることを思うとき、悲しみの情を禁じ得ません。
誠に遺憾であります。
 翻って、私たちはこの訴訟から多くのことを学びました。公判では原告らが、長時間労働の強制、懲罰としての断種の実施、日本人職員による暴力的支配など、日本国内の療養所以上に過酷な状況にあったことを証言されました。これらの証言によって明かされた事実は、私たちの想像をはるかに超えるものであります。
私たちはこの事実から、病と隔離の苦しみに加え、植民地下の苦しみが入所者のうえに重くのしかかっていたことを教えられました。そして同時に、現在においてなお、私たちに聞こえない、聞こうとしない被害者の声が厳然として存在していることに気づかされたのであります。
その意味では、今回の訴訟は、かつて日本が侵略・統治した国の人々に今なお残る深い心の傷と、その歴史に真に向き合いきれない私たちのあり方を、改めて見つめなおす契機となりました。
私たちは、1996年に「ハンセン病に関わる真宗大谷派の謝罪声明」を公表し、ハンセン病隔離政策に加担してきた歴史と向き合っていくことを表明いたしましたが、今後もこの課題から眼を背けることなく、あらゆる差別からの人間の解放と、非戦・平和に向けた歩みを進め、もって「同朋社会の顕現」という真宗大谷派宗門存立の使命を果たしてまいりたいと思います。
以上、今回の判決に対する所懐を述べましたが、日本政府及び国会におかれては原告の人たちに、二度と同じ苦しみ、悲しみを与えることがないよう、真剣にソロクト、台湾の入所者の被害と向き合われ、速やかに両療養所の入所者を補償対象とされるよう強く願うものであります。
2005年10月25日
真宗大谷派宗務総長 熊谷宗惠

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/135

トラックバック

» ハンセン病訴訟:台湾側原告勝訴 韓国側は敗訴 東京地裁 from ごぼはん(あおさん)のひとりごと
ハンセン病訴訟:台湾側原告勝訴 韓国側は敗訴 東京地裁(毎日新聞)小鹿島(ソロクト)更生園 台湾楽生院補償請求弁護団ハンセン病訴訟の判決が台湾側と韓国側でそれぞれ違ったものが下された。難しい、どう読んだらいいのか。台湾と韓国の環境が違うということなのか... 4年前のような国側の控訴断念に、持ち込みづらくなったのかな。 [Read More]

» ソロクト訴訟不当判決 from 映画とCINEMAとムービー
10/25韓国ソロクト訴訟は請求棄却の不当判決が下された。 ショックだった。 今度こそは勝つだろうと思っていたからだ。 しかも台湾勝訴と並んでの判決。一体何が違うのか。 違うものは何も無い。ただあるのは差別だけだ。 本当なら長く辛い裁判などに持ち込む事をさせず... 4年前のような国側の控訴断念に、持ち込みづらくなったのかな。 [Read More]

コメント

妙な判決になりましたね。

4年前のような国側の控訴断念に、持ち込みづらくなったのかな。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)