« 華の会 | メイン | 教行信証を書いた動機 »

2005年11月16日

●苦行の日々

終日 つれあいと滑川市安田 報恩講

今度は明後日に組推進員同朋会なんだが、テキスト「宗祖親鸞聖人」第六章「法難」のところ。修練でもここまで読むことはめったになかった。というか引文の意図がサッパリわからん。これはさらに、かなりヤバイ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/155

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)