« 快晴 | メイン | オーバーホール »

2005年12月02日

●即証真如法性身

月曜日に華の会(第13組若坊守学習会)があります。今回は正信偈、天親菩薩の後半。

典拠を確認しています。
「功徳大宝海に帰入すれば」 不虚作住持功徳「能く速やかに功徳の大宝海を満足せしむ」
「必ず大会衆の数に入ることを獲」 入第二門「大会衆の数に入ることを得」
「蓮華蔵世界に至ることを得れば」 入第三門「蓮華蔵世界に入ることを得」
「すなわち真如法性の身を証せしむ」 ?
「 煩悩の林に遊びて神通を現じ、生死の園に入りて応化を示す」 出第五門「応化身を示して、生死の園・煩悩の林の中に回入して、神通に遊戯し教化地に至る。」

「すなわち真如法性の身を証せしむ」の典拠がはっきりしなくて悩んでいたのですが、入出二門偈の最後に、「安楽土に到れば必ず自然に、すなわち法性の常楽を証すとのたまえり」を見つけました。

アドバイスあればお願いします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/174

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)