« 京都一日目 | メイン | 京都三日目 そして帰宅 »

2005年12月08日

●京都二日目

昨日の日記

教導室で同室になったのが佐々木正先生親鸞始記―隠された真実を読み解く 一度お会いしたかった方。親鸞聖人が比叡山をおりて、夢告を受け、妻帯する経緯について、夜遅くまでエキサイティングで楽しいお話ができた。とてもラッキーだった。

 

 

d4d7baf4.jpg朝、ギャラリーへ行って「部落差別と戦争」の展示を見てくる。下の掲示方法などで、解放運動が侵略戦争への動きに飲み込まれていくのわかる。国内の問題を民族差別やナショナリズムで解消しようとしようとする、意図があったんだと思う。

 

近鉄デパートへで無印良品にて、久しぶりに服を買う。

昼から難波別院職域同朋会のみなさんが入館 奉仕団の日程が始まる 難波別院といえば、先日ぐっちんさんとmaroさんと待ち合わせしたところだ。教報「南御堂」も愛読していたので、そのスタッフの方々と合えるなんて、これまたラッキーなことだった。 本山御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」を大阪教区のテーマにもされたということで、テーマについて深く楽しく話し合い、一日が終わる。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/182

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)