« 「和田先生追悼の集い」、そして「源慈紹さんを偲ぶ会」 | メイン | 組推進員研修会 »

2006年01月18日

●民衆にかえる2

越後で「民衆にかえる」というなら、それまでは民衆でなかったのかとも考える 比叡に上って降りて吉水に行って流罪に遭う そのどこでもなく越後で民衆にかえったということ

じゃあ その前はなんだったのかといえば 求道者とか修行者であったということかな その意味では法語3に第二十願文が引かれているのが興味深い ちなみに第十九願文は比叡山での修学において引かれ 第十八願加減の文は法然上人との出会いの場面で引かれている いわゆる三願転入は19→20→18なのだが、このテキストでは19→18→20となっている

だから法然に合い本願の教えを学んでも 流罪にあっても 自分の生き方は第二十願的でしかなかった 賢善精進でしかなかったと 越後において気づかされる事があったのだという主張が このテキストにはあるのだと思う

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/218

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)