« オリンピックの思い出 | メイン | 別院法要テーマ「差異(ちがい) つながり そして、いのち ー孤独の闇から響き合う世界へー」について 草稿 »

2006年02月12日

●漢方薬

ぐずぐずはしていますが、鼻炎の方がよくなってきてホッとしています。

いつも行っているお医者さんは、すこし遠いのですが、立山町の黒田医院さんです。玉永寺のご門徒さんです。こちらはいつも風邪のときには葛根湯などの漢方薬一服を出してくださって、あとは錠剤一つだけというシンプルなところが気に入っています。

水橋は売薬さんの町でもあるので、漢方薬にはなんとなく親しみがあります。

黒田さんの薬が切れてしまって、前に魚津の薬局で買った漢方薬を飲み始めています。白衣の髭お爺さんが勧めてくださったのですが、「これを飲めば三日で治ります!」。失礼ながら、いかにも胡散臭い雰囲気が気に入って買ってしまいました。

なんとなく、すごく、効いてるような気がします?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/223

コメント

コメントありがとうございます。

また、遊びに来てくださいネ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)