« 全生園へいってきました | メイン | 夢 »

2006年04月16日

●正定聚に住す

また18日の組同朋会が近づいてきた。テキスト「宗祖親鸞聖人」第八章(二)「正定聚に住す」。
あいかわらず、佐貫で浄土三部経千部読誦の行をやめられたエピソードに悩まされている。

たわごとにてもなし。臥して二日と申す日より、『大経』を読む事、ひまもなし。たまたま目をふさげば、経の文字は一字も残らず、きららかに、つぶさに見ゆる也。さて、これこそ心得ぬ事なれ。念仏の信心より外には、何事か心にかかるべきと思いて、よくよく案じてみれば、この十七八年がそのかみ、げにげにしく『三部経』を千部読みて、衆生利益のためにとて、読みはじめてありしを、これは何事ぞ、自信教人信、難中転更難とて、身ずから信じ、人をおしえて信ぜしむる事、まことの仏恩を報いたてまつるものと信じながら、名号の他には、何事の不足にて、必ず経を読まんとするや、思いかえして、読まざりしことの、さればなおも少し残るところのありけるや。人の執心、自力の心は、よくよく思慮あるべしと思いなおして後は、経読むことは止りぬ。(恵信尼文書)


衆生利益のためにとつづけられた三部経読誦を宗祖が思い断たれたとき、そのとき宗祖は、苦しみのなかで倒れていく人々の苦しみから目をそらしてしまわれたのでは、けっしてないのです。それどころか、逆に、衆生利益のために三部経読誦を思い断たれたとき、そのときはじめて、本当に、その人々のすがたが、その人々の苦しみが見えてきたのではないかと思います。人々のすがたが本当に見えたとき、同時に、その人々に対する自分のいたわりや、思いのすえとおらぬこと、何一つ本当には為しえぬ自分が見えてきたのだと思います。それは、なまはんかな見え方ではなく、とことん見えてきたのでしょう。すくなくともとことん見えてくるまで、宗祖は十七年間もの長い年月、自分への厳しい問いを持ちつづけておられたのです。場当たりの、始終なき聖道自力の慈悲に自分をごまかしてしまうことなしに、現実を直視してゆかれたのです。(「宗祖聖人親鸞」宮城しずか)

ネットワークで前面に立つ活動をしていた若者と、今回の旅でご一緒した。懇親会の席で彼女が「ネットワークを辞めたい」と言い出しておどろいた。ハンセン病に取り組むという発表をしながらも、思うようなことができないことに悩んでいた。社会人になっていくなかで、自分の立ち位置とか無力さとか欺瞞が見えてきたようだった。この旅をきっかけにしてもう一度、関わるとは言ってくれた。
オレなんかは歳くってる分、そのあたり、ごまかしてる。宮城先生の文を読んで、彼女を思い出した。

「正定聚」とは、大衆の中で現実を直視していく立ち位置じゃないかと、考えたり、している。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/274

コメント

あら、いいがになっとるわ、ありがとうねぇ、
やはり、聞きたいことだった。竹中先生の講義、流星さんはいちはやく理解した、私はずっともんもんとしていた、なぜかはわからない、なんでもんもんとしてたかがわかってブログに書いた、ディープな反応があり本当にうれしく思う。法蔵菩薩の求道は流星さんでいうところの正定聚なんですね?
流星さん、私はトラブルメーカーだろうか、じっとしていたほうがいいのだろうか。大切な人たちがケンカをしそう、私のせいで、なんていったら二人とも悲しいだろうから言わない。でも、私がバカみたいにさらけだしてるから本気の言葉が出てくる、本気でもない私がつまらないことを書いてるから・・・やっと語る場と示談する御同朋に出逢えたのに、私は彼らを傷つけることしかできないのかもしれない。

菜っ葉さんの問いかけに、お二人の違った意見が出たと、私からは見れます。だから、ほっとくのがいいかも。よほどいいたい事があるならば、なにか書けばいいけどネ
ネットでのコミュニケーションは感情がむき出しになったり、むき出しになってるように見えたりします。やっぱ、顔つき合わせる、リアルがご示談がいい。オレは。

http://d.hatena.ne.jp/nappa2914/20060416#1145173067そうかー。竹中先生の講義にうなずけなくての書き込みだったのね。今、やっと理解しました
わたしがなぜ、菜っ葉さんの書かれた講義メモにすんなりうなずけたのかは、自分のブログに書いてきたようないろんな事があったから。そう簡単には語れませんよこれからも、そのあたりをじわじわと書いていきますから、興味があったら、たまにここ、のぞいてやってくれや!!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)