« 昨日の日記(市民学会総会一日目など) | メイン | 太る遺伝子 »

2006年05月14日

●市民学会総会二日目

一年前から決まっていた法要を母に代わってもらうということで こちらもそれなりに気を遣って月参り。だから遅刻して国際会議場。打ち合わせにも出てないので 周りのスタッフとどうもペースが会わないけれど、それなりに弁当配ったりした。でも後片付けも何をしたらいいのやらわからず、ふらふらしていた。

午後の宗教部会 個人的な印象としては発足して1年しかたってないのだから 世話人の打ち出した方針が これから参加者全員の元で討議されていくのだと思う はじまったばかりということだ。

総会全体について 富山で総会がおこなわれることについて「こちらにとっては中央から落下傘が降ってきたような話。地方がどれだけ主体的に取り組めるだろうか」と発言したこともあるが、結果を見れば800人の参加。三年間富山でシンポジウムを開催してきた実績と、部門が増えて市民学会の裾野が広がったことが、これだけの人を集めることとなったか。富山での開催が、地方と全体の両方にとって有益にはたらいたと認める。

それにしても全国大会というのはすごいもんだった。ちょっと興奮さめやらぬ。このところ夜、うまく眠れてないのよ

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/301

トラックバック

» 専門家の言うことを信じるな from ごぼはん(あおさん)のひとりごと
昨日今日とハンセン病市民学会の総会そして交流集会がありました。参加者は800人もあったとか、スタッフとして関わったのでゆっくり話しを聞くことはできなかったんですが、まず昨日は、弁護団(だったけ)の主催の判決5周年のレセプションがあり、予定を上回る人数の方が参... 青森からは本田雅章さんがいらっしゃいまして、4月に松丘保養園で行われた交流学習会の報告や、東北ブロックの抱えている問題を、宗教部会で話されました。 http://shimingakkai.com/syuukyou/11.html [Read More]

コメント

毎日新聞15日朝刊の「ひと」は藤野豊氏
富山での市民学会を中心に紹介されていました。
ゴメンナサイ。
様子がよくわからず、市民講座や公開講座の延長的に想像していました。

青森からは本田雅章さんがいらっしゃいまして、4月に松丘保養園で行われた交流学習会の報告や、東北ブロックの抱えている問題を、宗教部会で話されました。
http://shimingakkai.com/syuukyou/11.html

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)