« 母とヨン様 | メイン | 祠堂経準備など »

2006年06月13日

●共学研修会

講師 教学研究所 T氏。知らない仲ではないが、彼の考え方をはじめて知った。

生涯を学ぶことは親鸞聖人を正解としてしまうおそれがある。得道の人とみるべきであり、聖人は偉大な人ではない。

いま、親鸞がいたらどうするだろうと考えて行動するのはおかしい。そのように考えると、宗祖はわれわれの延長になってしまう。教えの言葉として聞こえた時、宗祖との出会いがある。人間親鸞は自分の価値観を出ない。法語そのものが宗祖である。
正しいとは、自分が間違っているときづくこと。それ以外にない。
学んだものを自分のものにしてしまう。退転。それが悪人。
自分が正しいということを出られない。

仏教は心の教えではない。仏教を聞いて、どういう生き方をするのかを教えてくれるのではない。人と生まれたことが問題なのだ。自分を綺麗にするのではなく、生まれたこと、人であることが問題なのだ。

人であるというのは迷っているということ。迷いを捨てるのは自力のあり方。
迷っていることを知るのが真宗の救い。迷っている事実。道場。迷っているものだから尊い。無条件に救われる。迷っているものを救うのが仏教。

テキスト「宗祖親鸞聖人」が教団問題のさなかに出版された政治的な意図をたどり、テキストにある宗祖の生涯とは離れたところで法語中心のサブテキストを作ったということを話された。

宗祖の生涯、つまり現実社会との関わりを切って法語を学ぶという考え方は、私には受け入れられない。座談会、懇親会でも、討論した。楽しかったが、考え方の違いがはっきりしたことだった。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/328

コメント

こっちにつけるべきコメントを ↑ につけてしまいました。

教学研究所のT氏と言っても、
柳とか竹とか鶴とか、他にもいたかなぁ?
と、まあ、バラエティに富んでいますね。
その辺でだれがだれだかわからない
ところがミソかも。
でも、たぶん、
私たちが、大谷大学で同時期を過ごした
現所長のお気に入りのT氏の
ことだろうと思います。
もう一人のT氏も、場合によっては
同じような発言をすることがありますが。

「6月後半からの日程」にお名前でてます。

私も、廣瀬ゼミに入っていなかったら、世俗を離れたところに清浄な仏教があるみたいな、彼のような考え方になっていたかもしれないと思いました。

 あ、名前が出たので久しぶりコメント書かせていただきます。先日、ダライラマの映画と上田紀行さんの講演会に行ってきました。上田さんは、もう随分前から大ファンなのですが、
『がんばれ仏教』を書かれたり、仏教ルネッサンス塾を開かれるなど、仏教に近づき出してからは、一種警戒?していました。

 でも、講演は感動でした。縁起の意味を説明するのに、ティックナットハンの本から引用されました。例の、「一枚の紙の上に雲を想像できるでしょう?紙は木からできていて、その木が成長するには雨が必要で。。。」というやつ。そして、その縁起をただ詩的に表現するだけでなく、次に「一人の娼婦がいます。この娼婦の上にさまざまな問題がからんでいるのがおわかりでしょう。。。」というのを続けられる。
 つまり、苦という問題には心理的な認識論的なものだけでなく「社会苦」といったものが人間にはつきまとうわけです。さーすがーと唸ってしまいました。

身土不二といいますか、世界内存在っていうか、当たり前のことなんだけど、言われないと気づかないかもです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)