« 終わった、のかな? | メイン | スティッチとデスノート »

2006年07月07日

●濃ーい、一日だった

目覚めたのは5時か。やはり、フランスが一枚上手だった。ポルトガルも散った。3位決定と決勝戦は録画してみることにしよう。もうワールドカップも終わりだ。

月参り。ご門徒さんからいつものオロナミンCをいただいたが、疲労感がおさまらないので、ウコンの力をぐびっとやって教務所へ。ウミヤマブシさんご紹介の「南御堂」4月号を手に入れる。なるほどなるほど。参考にさせていただきます。

11時の会議。組拡からの、なぜ解放運動協議会が靖国問題を学ぶのかという問いを受けての会議。再協議して、問いに応える事前研修を増設し、研修名称を「靖国問題への取り組み」から「非戦・平和への取り組み」として対応。これで通るのか?

休むまもなく、天ぷらうどんをすすりつつ、午後から富山教区・別院法要趣旨文など協議。一回でできるはずもなく、出た意見を受けて20日に再提出する運びに。まだまだ苦難の日々は続くなぁ。公開講演会の会場、講師なども徐々に具体的に。意中の人になるとうれしいんだがナ。

終了後、野々市へ向かう。自動車道を森本で降りて、新しいやまぎわ環状線?を走ってみる。なんだかスゴイ道で金沢大の麓を抜けて小松までいける。野々市バーミヤンでチャーハンと餃子を試して仮眠。

常讃寺にて十住毘婆沙論学習会。6人で盛況だった。易行品の教行信証引文部分。見慣れている部分だからか、今回は新しい発見はなかったが、雑談が楽しかった。

らくりんさんから祖父江省念さんの「口伝の親鸞」を借りて、帰り道、節談説教を楽しむ。語られる聖人のご苦労に、マジで涙がでるw このときばかりは、車が古くてアナクロなカセットデッキがついていることがうれしかったりした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/352

コメント

やまぎわ環状線→山側環状線です。
ぜんぜんひねってないネーミングだなー。

今度、第七餃子、よってこ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)