« 玉永寺暁天講座 二日目 | メイン | 「しるし」について、以下のように考えました »

2006年08月17日

●念仏者のしるし

明日は組同朋会 テキストは「宗祖親鸞聖人」

先月の善鸞事件につづいて「念仏者のしるし」というお題です。

「造悪無碍」に対して、ご消息のなかで出てきた言葉がクローズアップされるわけですが、

念仏者にしるし、これが念仏者だというものがあるとすれば、こうでなければ念仏者とは言えない、資格とか実践という話に陥りそうで。

信前信後、真宗の教えに帰依しようとするものに起こる出来事として、なにが話せるだろうか。

頭を悩ませております。

できますれば、ヒントがほしいです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/382

コメント

念仏者であることの証拠を見せろ、なんて言われちゃったりするのかな?
神祇不拝とか、吉良日を選ぶ必要が無い(物忌み否定)とか?

なるほど。
その手がありますわね。
ヒント、ありがとうございます。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)