« 金沢での青春の日々を | メイン | 9月の予定 »

2006年08月30日

●菱木政晴「仏性と人権」ノート

人権、人間が生まれながらに備えている 人は生まれながらに平等
その考え方と仏性が非常によく似ている。
仏性が使われたのは4世紀~5世紀 人権を称えたホッブスは16世紀
宗務総長演説 人権批判。人権の思想を原点に遡り勉強されたことがないのではないか
人は生まれながらに平等とは? ホッブス
むき出しの人間なら、だれかがだれかを完全に従わせられるものではない。
平等であるはずなのに、実際にはそうなっていない。どうしたらそこに戻せるのか、どうすれば平等の社会が実現するはずだというのが人権思想 安楽集の問いとそっくり
今は世も末で、実現できないからひとまず浄土しかないというのが安楽集。
法然は聖道は捨てるべきだとする 浄土門の方法、行に強い自信を持っていた 力強い→流罪 法難

なぜ殺戮と差別がはびこるのか なぜ平等にならないのかという問いに対して、法然、親鸞の方法が有効。細部では人権思想の方が進んでいる。

証巻
必至滅度 他人を助ける 社会的働き 即時に
「ただ念仏」とは、それはいいですね。わたしもそれで賛成ですでOK
それだけで他人を救い、大乗菩薩とおなじ 即時。
言うのは決断であり、他人に聞こえる。広める働きをしている。それが大乗。

選択集
普通は聖道が立派、浄土は簡単。難が勝だと思っているからダメ。難を捨てろ。法然は明晰。論理的。ホッブスと同じように激しい。

キリスト教は、イエスを私たちを救う神の息子と信じる人の宗教。イエスはキリストだと信じる宗教。イエスが救い主。

仏陀、目覚めた人。苦悩の解決法に目覚めた人。シッタルダが目覚めた人だと信じる宗教。

キリスト教は自分もイエスになろうとしない。救われるで終わる。仏教はその方法を使って、自分も悟ろうとする。利他円満、無上涅槃。救われて救うものになる。阿弥陀様に救われることが、他の人を救うことにもなる。浄土教はそこが見えにくい。

まぎれもなく浄土教は仏教である。ヒューマニズムと同じものを望んでいる。

釈迦が目覚めたことを信じるだけ、救ってもらうだけが仏教ではない。方法によって仏になろう、目覚める。死ぬことではない。浄土へ行ってから救うのではない。利他円満。

すべての人間には仏性がある。自由と平等を実現する能力と責任がある。
人権と仏性は似ている。

浄土往生すれば、衆生は救えるのか。選択集。念仏が四弘誓願と同じ意味?
選択集 本願章。どの仏も思っている総論と阿弥陀の別願がある。

念仏は四弘誓願。選択集は分かるような理由を示していない。証巻は答えている。

正当防衛と緊急避難は仏教では殺生? その前にそうならない方法を!

平然と死ぬ覚悟? それは殺す覚悟と同じ。

どんなひとも殺されるのはイヤだから殺さないようにしよう。
自分だけは殺さない(聖道)という馬鹿なことををやめて、殺させないようにしよう。徴兵を防ぐ。

法然がきわだって聖道と押さえたのが造像起塔(カルト)と菩提心(熱心に仏教の悟りを求める心)

三輩章 念仏と菩提心について

熱心に仏教を求める人は人間が到達できないものを、到達できないとうすうす感じながら、なんとかそれになりたいと努力している。悪趣味。
がんばらんとダメだと考え、必死に思っているときは、本人が気がつくことがあるかもしれない。
問題は、できないことを分かっているのに、そうでないと仏教者ではないと脅しをかける人。
その人が仏道の成就者ではないのに、心の中で思っているだけではなく、それを他人に言う。魔道。
難しいことにしている。あの人はできた。法然親鸞はできた。なぜお前はできない。それは危ない。菩提心は人を殺す。ホッブスが他人を圧倒することがどうしてできるかを論じ、他人を強いる、支配する仕組みを見つけ出したのと同じ。。

絶対殺さないという信念で反戦運動しろ???

三心 熱心に至誠心 そんなものはないとわかっていながら他の人にやれと命令する。人間の知恵を超えている。つまり、どんな反抗もしてはならないと押さえ込む手だて。上官の命令は仏の命令である。二河白道において白い道を歩む人に、「それはただの人権思想だ」と呼び返す。群賊悪獣。聖道門。魔。

以上、文責、流星

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/389

コメント

>自分だけは殺さない(聖道)という馬鹿なことを
>をやめて、殺させないようにしよう。徴兵を防ぐ。
この視点面白いですね。

「聖道門では人権は守れない、浄土門だからこそ人権を守れる」というふうに考えてみたりすると、なかなかおもしろかったりします。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)