« ボクを悩ませるもの | メイン | 如信上人・火鉢・集い企画 »

2006年11月02日

●女人成仏・火鉢

「宗教民俗研究第10号」掲載、ウミヤマブシさんの文章を読ませていただいています。
研究者としての歴史に対する真摯な姿勢に圧倒されます。

読ませていただいて、不遜ながら面白いなと思ったのは、「往生」と「成仏」は厳密に分けて考えるべきであり、大経第三十五願は「女人成仏」の願であるという指摘でした。

たとい我、仏を得んに、十方無量不可思議の諸仏世界に、それ女人あって、我が名字を聞きて、歓喜信楽し、菩提心を発して、女身を厭悪せん。寿終りての後、また女像とならば、正覚を取らじ。

この願の対象である「女人」は、十八願、十九願、二十願のような「十方衆生」ではなく、「十方無量不可思議の諸仏世界」の存在です。ウミヤマブシさんはこれを、「既に諸仏の世界に往生を遂げている女人」とされています。おそらく大経和讃の「女人成仏ちかいたり」(往生→成仏)が、そう考えられる前提ですよね。ウミヤマブシさんは、親鸞の読み方に沿っていらっしゃるのだなと、感じ入りました。

寒くなりました。
ボクの部屋は北向きで、古い和室です。
とても風通しがよく、夏は冷房いらずなのですが、冬は冷蔵庫のようになります。
元来寒がりなので、つらいんです、冬が。

そこで今年は火鉢を使ってみることにしました。
VFSH0017.jpg
炭をくべるのはなかなか楽しいものです。
こういうのって、なんだか枕草子みたいですね。

一酸化中毒に気をつけつつ、チャレンジしてみます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/631

コメント

今日は、久々に拝見いたしました。
住職になられたのですね、近くに居ながら全く知りませんでした。
改めて、おめでとうございます。

最近は、日々の生活に追われて、昔を振り返る時間がありませんでしたが、子供会などの記事をみていたら、自分もこんな時があったのを思い起こし、懐かしく感じました。
また、いまも続けていらっしゃる事に、感動しました。大変とは思いますが、がんばってきださい。

火鉢良いですね。ホコリのたたないセラミック灰といゆうものがありますよ。  
                      酒井

こんにちは。コメントありがとうございます。今日もお店に寄りましたヨ。

とうとう住職になりました。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

体力的になかなかしんどいのですが、なんとか子ども会、続けております。

火鉢にも技術革新があるんですね。参考にさせていただきます。
情報、ありがとうございまいした♪

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)