« 北日本放送でハンセン病問題の特集 | メイン | 「第一講 生命の構造」ノート その1 »

2006年11月08日

●教育基本法「改正」反対

 このところの教育をめぐる問題ですが、現場の教師ばかりが悪者にされて、行政府はそれをとっちめる正義の味方になっているような構図に、されているように、わたしには見えています。

 法律と現場が乖離して起こった問題なのですから、両者が共に責任を認めて、共に取り組んでいく形になってほしい。

 その只中で、社会の今後を左右する重要な法律が変えられようとしている。
 ジャーナリストいわじぃさんのブログ

 基本法は、教育への権力の介入を規制することを目的とする法律です。
 この時期に、行政府の拘束力を強めていく方向に流れる立法府を、危惧します。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/637

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)