« 第3回真宗大谷派交流会 報告書草案 | メイン | 御遠忌会議・もちつき »

2006年12月29日

●熱海・東京

23日 水橋→魚津→越後湯沢→東京→熱海と乗り継いで、駅から歩いて会場へ。
事前には連絡会と聞いていたのが、退所者の方々との交流会であったのにビックリ。
内容は、↓の報告書草案を読んでいただけると幸いです。

石山さんとは同室でした。懇親会では、並里さん、森元さんと深く話せてうれしかったです。須賀さんが酒井さんの弟だと初めて知ったり。釈香立さんとも初めてお話しました。思いがけなく、シズオさん御一家ともお会いすることができました。

24日 石山さんも森元さんもクリスチャンです。ミサでお忙しいところを参加して下さっていました。クリスマスは信仰を持つ方々にとって、大切な日です。キリスト者でもないのにクリスマスを祝う方には、年中、愛と平和を大切にする生活をしていただきたいものです。こんな日に死刑執行するなんて。。。

 交流会を終えて、一人になり、とても心細くなりました。あおさんは米原経由で行っちゃったし。ちなみに、水橋と熱海は本州を挟んで対称の位置になるようで、東京経由でもほとんど同じJR料金になります。

 少し時間があったので「ゆりかもめ」とかいうのに乗ろうと思い、新橋まで行ったのですが、人の波が嫌になって、やめました。
VFSH0073.jpg
 田舎者には東京の空は、確かに、小さく見えます。

 東京駅で降りて、皇居へ向かい、ふらふらと、夕暮れのなか、国会議事堂まで歩きました。「おまいら、教育基本法 成立させちゃったなー」と、叫んだりは、、、、、しませんでした。

 地下鉄、有楽町で乗り換えたらビックイシューをおじさんが売っていたので買いました。表紙がシャア・アズナブルでした。

 東京→越後湯沢→黒部→水橋と乗り継いで帰りました。熱海のお土産は、アジの開きでした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/675

コメント

お疲れ様でした。
大賀さんは須賀さんの間違いかな。
どっちが兄かわからないお二人ですよね。
24日にお台場に近づこうなんて、勇気が・・・
その小さい空の下で多くの人間が生きているんですよ。
北陸の空は確かに広かったなぁ。

すいません。訂正しておきました。

「東京へは、もう何度も行きましたねー♪」って唄をつぶやきながらさまよってました。
年に一回も、いかないのに。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)