« オススメ!! テレビ番組 | メイン | らくりんさんの講義 聞き書き »

2007年01月10日

●能登へ

9日、月参りを終え、そのまま能登へ向かう。

氷見の阿尾から山を越えて田鶴浜を目指すが、途中で石動山の看板が眼に入り寄道。
山の奥深く、いかにも修験道の風情にたどり着いたが、資料館は3月まで閉館。
そこからふたたび山越えを図るが、断崖絶壁、枯れ木を踏み分け、なんとか下界にたどりつく。

能登自動車道は使わず、懐かしい海岸線を、のと鉄道と競争しつつ、穴水へひた走り、
ふたたび山を越えて、目的地の輪島に到着。

能登「青草びとの会」に参加。
能登の者でもないし、専修学院卒でもないのだが、以前、ここで駐在教導をしていたときに関わりを持っていた。
10年ぶりに参加する。メンバーも大半が次の世代に移行してしまっていた。

でも能登はやっぱり懐かしい。「青草びとの会」、妙な愛着がある。
部外者ではあるが、富山でもこの会は開けないものだろうか?

二日間にわたって、らくりんさんの講義を拝聴。
そして、お世話になった濤先生が一昨年、亡くなられたことを、初めて知る。

10日の昼で日程は終了。
ふと、二人の先生のお寺を訪ねることにする。

輪島から海岸線を珠洲へと向かい、濤先生のお寺へ。
法名になってしまった先生に手を合わせる。
お世話になった。涙が出そうになる。

珠洲から自動車道を乗り継いで、田鶴浜の上野先生のお寺へ。
先生の法名に手を合わせる。思い出が蘇る。
5年前に亡くなっておられるのに、なかなか足を運ぶことができなかった。
やっとお礼を申し上げにこれるようになりました。

帰り道、夕日に照らされた能登の情景は、別世界のように美しかった。

再び山を、今度はすんなりと越え、氷見から水橋へと帰宅。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/685

コメント

 濤先生、お亡くなりになっておられましたか(T_T)
 同朋会館でお世話になりました。

時は流れているのですね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)