« マン喫にいってみたいかもしれない | メイン | 明日のプレゼン »

2007年01月31日

●五劫思惟像 再調査

尾田さんからのご依頼で昨年の九月に載せた絵像をお借りして、調べました。
IMG_1032.jpg
裏書はなかったのですが、「五劫思惟 阿弥陀如来」という文字が確認できました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/706

コメント

 釈迦の苦行時代みたいな絵ですね。

薩摩藩では阿弥陀仏のご本尊が禁止されたので、法蔵菩薩の像を釈迦の苦行の姿と騙って本尊とした例があります。薩摩と富山は売薬さんを通しての接点があります。

富山東部ではこの石仏が明治期に盛んに作られまして、その絵像もこうして残されています。

石仏は地蔵さんのように野外にあります。法蔵菩薩像は蓮華座に座っていません。阿弥陀像を野外に置くのは申し訳ないから菩薩像にしたという説もあります。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)