« 公開講座実行委員会 | メイン | ナムナム大集会 »

2007年02月09日

●京都→大阪

7日 ハンセン懇集会部会会議
 再来年の交流集会の会場と開催時期検討 ほぼ方向が固まる
 「ハンセン懇ニュース」の原稿が変えられていた問題が提起される。

終了後、委員と会食、楽しかったー
さらにそのあと、ごじんさんと一杯やる。
前お会いしたときより、元気な感じがしました。

8日 なんとなく東九条へ散歩
東福寺からJRで一気に大阪城へ
SH0001.JPG
周辺の屋台でたこ焼きとチジミを食べた。旨かった。さすが大阪だと思った。

大阪歴史博物館へ
SH0005.JPG
石山本願寺のミニチュア。本願寺に触れた史料が本当に少ないのが残念だった。

ピース大阪
大阪では8回にわたる空襲で1万人以上の一般市民が亡くなっている。
グラマン機銃掃射での住民虐殺もあった。
日米双方とも、ここまでやらなくてはいけなかったのか???

蓮如上人の碑?
SH0008.JPG
ひっそりとあった。気がついたおじいさんたちが合掌していた。

水上バスで観光。
SH0011.JPG
ビニールシートのお宅が目立った。長居公園から移動してきた人もいるんだろうか。

鶴橋でmaroさんと合流。たまたま入った店だったのだが、串焼きかなり美味しかった。
思い出話やらネットの裏話やら、けっこう、いろんなことを話した。実に面白かった。

さらにエロ坊主さんが到着。
ハンドルネームや、ゲリラ的(?)文体によるわたしの中のイメージとはかなり違って、イケメンで冷静な感じの方だった。

鶴橋にいったのはマッコリが飲みたかったからだった。でも、入った店には置いてなかった。残念。

7日も8日も菩提心を自覚せずに「救い」ということが問題となりうるのか、みたいな話題があった。
回心コンプレックスの一種、救われたいという気持ちを自分で起こさないとアカンみたいな話っておかしいと思うんだよね。他力回向、気持ちってのは起きるもの。さらに「念仏で救われたい」とおもわなあかんってのはさらに袋小路に入ってしまうんじゃなかろうか。
らくりんさんの講義メモ。
阿難は自分が素晴らしい問いをもったことを自覚していない。
突然としか言いようがない出来事。
法蔵菩薩が彼にそんな問いを起こさせた、としか言いようがないんだよね。

そして、大阪駅周辺の夜は、寒かった。。。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/712

コメント

お疲れでした(^^♪
 しかし、、、大阪での一夜、真相はちょっと恐くてきけないかも(^^ゞ
 でも、聞きたいからまた教えてね(^^♪

 ところで、言葉って難しいなって思いました。
私としては、らくりんさんの言葉を踏まえたうえで、流星さんにとって救われるとはどんなこと(意味)でしょうかと質問したつもりです。
 その答えが、
「僕自身はどうでも良いんだよ。僕以外に、もっと救われなければ、親鸞を必要としている人がいるんだよ」という回答をいただきました。
 その言葉からは、流星さんが何を課題をしているのかさえ理解できませんでした。
 まるで、酔った私には、「私は菩薩です」と宣言されているようで、笑い飛ばすしかありませんでした^_^;
 ん~。。。私の中に菩提心をおこさねばいけないなんて気持ちはさらさらなかったんですが(^^ゞ
 私の問いに内在されているのでしょうかね。
また、考えて見ます。 

 と、なにげに写真上手ですね(^^♪

 鶴橋からは少し離れた所になると思いますが、美味しい本物のマッコリがある店を調査しておきます。

ずらすテクニックの使い手であることはmaroさんご指摘の通りなのですがw、困ったことにやはり「救われるとはどんなこと(意味)でしょうか」という質問の意味がよくわからんかったりしますです。自分のことって見えてないし、よくわからんしネ。
まー、続きは再びリアルで、今度こそマッコリ呑みながら、しましょう♪

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)