« 3月の予定 | メイン | 法然と親鸞 その2 »

2007年03月04日

●法然と親鸞

9日華の会、テキスト正信偈にていよいよ最終の源空章です。

本師・源空は、仏教を明らかにして、 善悪の凡夫を憐愍せしむ。
真宗の教証、片州に興す。 選択本願、悪世に弘む。
生死輪転の家に還来ることは、 決するに疑情をもって所止とす。
速やかに寂静無為の楽に入ることは、 必ず信心をもって能入とす、といえり。

後半部分の出典は選択集、三心章です。
次に深心とは、謂はく深信の心なり。当に知るべし、生死の家には疑を以て所止 と為、涅槃の城には信を以て能入と為。故に今二種の信心 を建立して、九品の往生を決定する者なり。又此の中に一切の別解・別行・異学・異見等と言ふは、是聖道門の解行学見を指すなり。其の余は即ち是浄土門の意なり。文に在りて見るべし。明らかに知りぬ、善導の意亦此の二門を出でざるなり。

選択集といえば、二門章、二行章、本願章が有名で、三心章は善導の三心釈の引文がほとんどです。また、太線の部分は尊号真像銘文にはありますが、教行信証の他の場所には出てきません。なぜ三心章の上記の箇所をあえて正信偈に取り上げているのか、考えていました。
いま、思うところは、正信偈、源空章は、親鸞が独自の視点で選択集のポイントを押さえているということです。前半部分は、三心章にいたるまでの選択集の展開を四句で表している。そして後半部分は、善導三心釈(信心)に対する、法然の受け止め方を一番示しているとして、親鸞が選んだ四句ではないかと。
親鸞の三心釈の受け止めは、己証として信巻、そして化身土巻にて展開して行きます。その前に、師からの伝承を正信偈で押さえたということでしょうか。

時間があるので、選択集に引文されている善導三心釈と往生礼讃の部分が、教行信証ではどのように取り上げられているのかを見比べるということもやりたいと思っています。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/729

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)