« PCソフトの買い時 | メイン | 「太陽」をオススメします »

2007年03月09日

●法然と親鸞 その5

華の会、終わりました。 

まず、出家と法難を中心に法然の生涯を追ってから正信偈の文言へ。
選択本願の説明と浄土宗開宗の意義についておはなしました。

若坊守さんたちが、ぐいぐい内容に入ってこられるのを感じました。
法然上人の教えは、実に明快で分かりやすい。
聞く人に、ぐっと迫るものがあるんだと実感しました。

しかし、一番仏教から遠いとされていた人々こそ、弥陀の救いの対象なのであるという、法然の逆転の発想は、理解できたとしても本当に信じる事は、とても難しい。世の中はしっかりエリートを頂点としたピラミッドになってるし、自力中心の考え方は、人の本能といってよいほど抜きがたい。信じることができたと意識したとしても、今度は称える念仏を、自らの救いの手段にしてしまう。仏智疑惑が終わらない、人の本性。

正信偈源空章の後半に、「疑情」と「信心」という言葉を親鸞が選んだ意味が分かりました。ここからの問題を、この後の信巻と化身土巻で展開したんだなぁと、思い当たったことでした まる

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/736

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)