« お講チラシ | メイン | 小松教区連続講座プロローグ(完成版) »

2007年03月15日

●カルト問題研修

この時期の寒波は堪えます。お参りに家々をまわっていると、頭痛がしてきます。

午後から教区の研修会に参加しました。以下、メモ。

どういうものがカルト宗教か。

自分達だけが絶対に正しい。他の人は地獄に落ちる。他を極端に否定する。

情報遮断。否定的な人間からの情報を遮断するようにコントロールされている。新聞もウソ。否定するものの情報は一切聞こうとしない。

勧誘。信者開拓を義務的に行う。極端に行う。

抜けられない。そこが極楽であり、そこを抜けるのは地獄。恐怖感が植えつけられている。脱会自由といわれているが、自分の中のサタンを押さえるように人格形成されている。

マインドコントロール。1980年代。統一教会事件。山崎浩子が記者会見で言った言葉。洗脳とは違う。洗脳は薬物や暴力によって刑事罰を受ける。マインドコントロールは罪に問われない。同じことを何度も繰り返し。外界遮断。何時間も勉強会。すし詰め状態で人格を変えていく。

なぜ、カルト宗教は悪いのか。
入り口で嘘をついて勧誘している。宗教色を最初は見せない。

信教の自由。脱会させるために活動しているのではない。子どもが親とこれからどう対話するのか。強制脱会の後のケア。正しい教えはどこにあるのかと議論すると、両者を天秤にかけることになる。もどってきたときに怒らない。ふるさとは家である。受け皿になる土壌を大切に。
間違いをきづかせるのは困難。脱会させるという接し方は無理。仲間になる。家族に危険性を伝える。話し相手や相談相手になる。信仰を変えることはできないが、相談相手になる。

あまりの寒さに、挨拶ばかりで、早々にお参りをすませていたのですが、これじゃあかんなと思いました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/742

トラックバック

» カルト教団と浄土真宗の教え(後半) from ビブラーバのそらごと Pro. (弟系『尼僧、親鸞聖人の教えと日暮之所感』)
祠堂経�07.3.25.後半 トラックバック:どういうものがカルト宗教か。(「カルト問題研修」玉永寺こころおきらく日誌) 先月数百万人の人生を変えたとい... [Read More]

コメント

カルト問題、トラックバックさせてくださいね。
あのー、流星さん、安田先生のも思ったんだけど、ちっちゃいよぉ。目が弱いから見にくいよぅ(涙)見たいよう。

トラックバック、うまくいかないなあ。ごめんねぇ。

フォントは引用の仕様が小さいので、これから使わないことにしますワ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)