« 同朋会葉書 | メイン | 能登沖の地震 »

2007年03月24日

●スピリチュアルな阿弥陀経

明日、午後から組同朋会です。
テキスト阿弥陀経で、正宗分に入ります。
阿弥陀経に取り組むのは初体験。
「極楽」っていいですよねぇ。
もう、すぐ行ってしまいたい気分になるほど、読めば読むほど夢心地になってしまいます。
しかし、親鸞は「極楽」って言葉はあまり使わなかったし、阿弥陀経の荘厳についても取り上げていない。
私なんかも、意外に、こういう極楽世界のことについては、法話とか聞いたことがない。
だから、悩みました。
どう話したらええのやらと。

香山リカ「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」を読んだことが、一つ、突破口になりました。
教祖との個人的一体感とか、利他主義的な考え方が皆無というのは、もろ第二十願の問題ですよね。
「読み解く」第五巻 p172にある三心釈の配当においても、真門は深心釈(二種深信)だけで、至誠心、廻向発願心からの引文はない。けっきょく、利己的で、自己完結の世界と親鸞は見てる。すんごい、きびしい見方だと思うけど。

スピリチュアルと阿弥陀経の世界観というのは、けっこう重なるかもしれない。
そのあたりから話せたらなーと、思ってます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/745

コメント

地震大丈夫?

ありがとうございます。
通常営業しとりますが、能登が心配です。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)