« 真宗と廃仏毀釈・法難 | メイン | 「不安に立つ」プレゼン »

2007年05月22日

●合寺事件プレゼン

富山藩合寺事件

別院設立

富山藩とは

加賀藩の支藩

#画像=1.jpg

明治3年
(1870年)

10月27日
合寺令発令

すべての寺院は
一派一寺に

ただちに合寺せよ

大谷派寺院
70ヶ寺

本願寺派寺院
185ヶ寺

合わせて

255ヶ寺を
1ヶ寺に

数百人にのぼる
武装兵士を配備

合寺をためらうもの

即時に逮捕

寺院は
取り壊され

仏具は
鋳つぶされた

真宗の合併所
「持専寺」

1200人あまり
240畳に雑居

町名を改名

寺町

梅沢町

海岸寺町

八人町

古寺町

常盤町

政府は黙認

北陸門徒に動揺

僧侶たち
本山
動き始める

明治4年
7月22日

廃藩置県

合寺事件
未解決のまま

明治5年
9月24日
合寺令解除

明治11年
解決

明治13年
総曲輪に
説教場設立

明治17年
別院に昇格

明治19年
「砂持ち奉仕」

神通川の土砂で

富山城の堀を
埋め立てる

参加
延べ7000人以上

明治21年
(1888)
仮本堂完成

明治32年
(1899)
富山大火

昭和20年
(1945)
富山大空襲

そして

現在にいたる

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/776

コメント

いよいよ、プレゼン時代の到来ですね。僕も、考えないわけではないんですが、どういう素材を使って、どういうプログラムを作るか、その辺で中々考えがまとまりません。

いろいろな反応が返ってくるでしょうね。
試行錯誤しています。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)