« 合寺事件プレゼン | メイン | 小松仏青「連続講座」 »

2007年05月23日

●「不安に立つ」プレゼン

合寺事件の影響

明治憲法

信教の自由が
もりこまれる

仏教の近代化

大きな問題
をはらむ

仏教復興運動

石仏の建立

#画像=1.jpg

廃仏毀釈は
なぜ起こった?

富山藩の財政危機

富国強兵

廃仏論

出世間主義
に対する

儒教・国学の攻撃

この世は
迷いの世界



修羅
畜生
餓鬼
地獄

六道輪廻の一部

仏教の目標

解脱による成仏

瞑想、学問、儀式、慈善、道徳。。。

様々な方法

それで
迷いを離れられる?

往生→浄土

「ただ念仏」

念仏は善根?

浄土ではなく

天上界を
目指しては
いないか



人⇔浄土

三願転入

久しく万行諸善の
仮門を出でて

ながく双樹林下の
往生をはなる

善本徳本の
真門に回入して

ひとえに
難思往生の
心をおこしき

しかるにいま

まことに
方便の真門をいでて

選択の願海に
転入せり

すみやかに
難思往生の
心をはなれて

難思議往生を
とげんとおもう

19願→20願→18願

双樹林下往生→
難思往生→難思議往生

第十八願でゴールですか?

果遂の誓い
まことに
ゆえあるかな

ここにひさしく
願海にいりて

深く仏恩を
知れり

自力が廃れたと
いうことではない

捨てられないという
悲歎のままに

内にありながら
外に走るものを

なお取り込んで
内に抱くという

広大無辺の
仏恩の随喜である

「不安に立つ」

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/777

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)