« プレゼン法話の反省 | メイン | 子ども会葉書 »

2007年06月05日

●歌う法話?

まー、法話に仏教讃歌唱和を挟んだだけなんですけどね。

毎年、祠堂経にお話に行かせていただいているお寺でして、
午前の勤行の前に「真宗宗歌」、後に「しんらんさま」を
若坊守さんのエレクトーンで唱和していることは事前に知っていました。

午前は二つの歌詞について思うところをお話して、独唱、合唱。
午後は「しんらんさまはなつかしい」、真宗報恩会について説明しつつ、
独唱、録音したものを聴いていただき、合唱。

一緒に歌うのは、ちょっと参加してもらう要素ができていいです。
拍手がでました。まぁ、好評だったんじゃないかと思います。

あと、昨日はハンセン懇、集会部会の会議で京都日帰りでした。
来年の高山教区開催にむけて、動き出したといった感じです。
釈香立さんとお会いしました。
お話しを伺って、ほんとに大変そうでした。応援したいなと思いました。
帰りの電車でレビューブログにある「罪悪深重」を読みました。
それから大阪教区の寺院が発行している竹中智秀「『正信偈』を貫く本願の教え」も。
今日の法話部分は、廣瀬、竹中、両先生に、ほとんど感化された内容となりました。

「えらばず きらわず みすてず」、ですね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/789

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)