« 6周年記念シンポジウム | メイン | 7月の日程 »

2007年06月28日

●濃い三日間

25日

月参りと会場設営 昼から魚津で出棺から還骨まで
いつも豪快な山のばあちゃん
泣きながら息子さんのお骨を 素手でひろわれていた
胸が締め付けられた

6時半に帰って宗正元先生に久しぶりにお会いするも
すぐに帰られてしまった
せっかく玉永寺を会場にしてくださったのにお話が聞けなかったな

懇親会を楽しまれた愚禿鈔の会の面々も帰られ
残られた鳥越さんと話し込む

「化身土巻は法蔵菩薩の還相回向。18願の阿弥陀仏が、
あえて19、20の相をとって衆生の前に現れる」
曽我量深がそういうことを書いているそうな

らくりん独覚論なんかも展開された
夜遅くまで なかなか楽しい論議ができた

26日

パッソを駆って 月参り 魚津で中陰
トンネルだらけの北陸道をひた走り 三条教務所にたどり着く
加藤マーヒーさんと対面 以前 面識のあった方だとやっと気がつく
失礼しました にぶくてすいません

ハンセン懇関連の研修会に参加 講師は再び神美智宏さん
22日の富山でのシンポ講演をより深めるような内容だった
家族との関わりについて より深く語ってくださった
ハンセン病問題基本法には
壁の外の人々を取り込み 交流を深めたいという願いが込められていると思った

懇親会で神さんが話されたこと
私がいるもので22日とは違う話をしなければと思われたそうだ(笑
私たちへの信頼があるからあそこまで語ったとおっしゃった
差別に対する怒りが びんびんと伝わってきた

27日

三条教務所でハンセン懇会議
来年の研修会を富山で計画していることを話した

北陸道をひた走り 帰宅

夜 玉永寺同朋の会
「おつとめの本」の説明を中心に
8人の出席 新しい参加者はなかったが
再スタートとなりそうではある

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/804

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)