« 車座 | メイン | 子ども会葉書 »

2007年07月09日

●無数の阿弥陀

あさって 華の会にて現世利益和讃についてお話しする

このあたりは河田光夫さんの「念仏者を守り、敬う神々」という線でいく

無碍光仏のひかりには
無数の阿弥陀ましまして
化仏おのおのことごとく
真実信心をまもるなり

無量寿仏に八万四千の相まします。一一の相に、おのおの八万四千の随形好あり。一一の好にまた八万四千の光明あり。一一の光明遍く十方世界を照らす。念仏の衆生を摂取して捨てたまわず。その光明・相好および化仏、具に説くべからず。(観経 真身観)

「無数の阿弥陀」というのは「化仏としての弥陀」
大切な方便法身のことであると説明しようと思う

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/814

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)