« 暑中お見舞い申し上げます | メイン | 全戦没者を悼み平和を願うつどい2007 »

2007年08月06日

●長島愛生園訪問 報告書

 みなさま 暑中お見舞い申し上げます。明晩の会議、参加す
る予定です。よろしくお願いします。
 勝手ながら、30日に長島愛生園へ行きましたことのご報告
をさせていただきます。

 大伴さんと私、そして大谷派解放推進本部の大屋さんの三名
で、まず金泰九さんにお会いしました。来年の東別院法要企画
として講演をお願いし、快諾していただけました。期日は4月
18日(金)に決定。
 初めてのシンポジウムからもう6年は経つのでしょうか。あ
れから、様々な事件が起こり、この問題についての状況は変わ
りました。改めて金さんがどのようなことを考えていらっしゃ
るのか、ソロクトの問題、基本法制定運動も含めて、講演とパ
ネルディスカッションを別院で開催する予定です。ネットワー
クのみなさまにも御後援のほど、よろしくお願い申し上げます

 続いて、Mさんと合流し、5人で面会宿泊所「しんじ
ゅ荘」で懇親会を催しました。Mさんにも講演をお願いしま
した。金さんも勧めてくださいました。しかし、とうとう良い
返事はいただけませんでした。体調のこともおっしゃいました
が、「これまで弟の家族に迷惑をかけてきた、だから地元で自
分のことを話したくない」とのことでした。
 これまで、Mさんと関わりをもってきた大谷派の有志も「
本当の意味での里帰り」を勧めてきたのですが、そこからの前
進はありませんでした。しかし、昨年のお連れ合いの葬儀に続
いて、9月に弟さんが訪ねてこられるということで、心境の変
化を感じました。以下のURLはMさんの手記です。

http://d.hatena.ne.jp/ryuuusei1/20060907

 私にも逡巡がありますが、ネットワークを含め、多くの人々
との連帯の下に、Mさんがいつでも故郷に帰えられるように
なることを目指す運動をしたいと思っています。
 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/834

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)