« 玉永寺報恩講二日目 | メイン | 記者レクなど »

2007年10月25日

●世俗化

録画してあったNHKのマリワナ沖海戦についての番組を見る
ウィキ
日本軍の戦い方は酷いものだった
「精神」でなんとかなるとでも思ったんだろう
米軍の物量、技術の前に完敗 多くの若い命を散らした
あまりにひどい
「犬死」という言い方に実感が沸くくらいだった

続いてチベットの観光化についての番組を見た
仏教を大切にする遊牧民の世界に鉄道が引かれ
聖地の観光化による貨幣経済が人々を変えていく
すべてが金儲けの手段にされていく様は
私もそういう世界に生きているのだけれど
えげつない
能力主義・結果主義に直面する遊牧民の若者が
信仰の世界から そちら側へ巻き込まれるというか
立ち向かっていくというか 転落していくというか・・・

最近のドラマ
「外資系」というものが悪の根源とされて
(日本的)精神みたいなものを守れという構図が
できているように思う

その構図自体が正しいかどうかもよく分からないが
世俗化ってどうなんだろうか
なにを守り大切にしていくのか
自分の状況とあわせて このごろ よく考える

まとまらない話でした

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/889

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)