« 年頭の御挨拶 | メイン | 1月の予定 »

2008年01月06日

●「子煩悩」

娘の卒業文集に載せる原稿です


題名 「子煩悩」

 先日、修学旅行のために車で娘を送りました。いつものように、なにげない会話を交わし、空港で別れたのですが、帰り道、旅立った我が子が心配でたまらなくなってしまいました。自分のなかに「子煩悩」な面があることを、改めて自覚しました。

 子煩悩という言葉は、主に父親に使われる形容詞です。「煩悩」は仏教用語で、身を煩わせ、心を悩ませると書きます。憎しみ、欲望、愚痴の心が三大煩悩ですから、子を煩悩と言うのはどうかと思いますが、元来、子をかわいがりすぎて周りが見えなくなっていると、父親を揶揄する言葉だったのでしょう。最近は子を大切にするという、よい意味としても使われます。

 これまでの子育てを振り返ると、さまざまな思い出がよみがえります。家族で共に喜び、悩み、悲しんできました。学校、社会、家庭を通して、我が子も徐々にひとりの大人として成長していきます。中学卒業はその過程であり、親子の関係は刻々と変化していきます。けれど、一生、親子であることには変わりありません。

 これからもうれしいこと、悲しいこと、様々なことが起こるでしょう。そのたびに、苦楽を共にしていきたい。この世に親子として生まれてきた縁を大切にして、「子煩悩」な親として明るく楽しくつきあっていきたい。

 卒業を期に、このように、考えています。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/930

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)