« お講チラシ | メイン | 療養所入所者協の代表ら、県庁訪問 »

2008年03月09日

●人間回復へのことば

ハンセン病:富山での講演会の記録集を作成 /富山
 ハンセン病問題ふるさとネットワーク富山(代表=藤野豊・富山国際大准教授)は、昨年富山市内で催した講演会の記録集を作成した。

 1件は元患者、玉城しげさんの「お話を聴く会」(11月)。玉城さんは「人間回復へのことば」と題して話した。もう1件は「ハンセン病国賠訴訟6周年記念講演」(6月)。全国ハンセン病療養所入所者協議会の神美知宏事務局長が「ハンセン病とたたかい続けて」のテーマで講演した。

 記録集には2人の講演録のほか、藤野代表の「胎児標本の真相」や、火葬問題についての緊急声明なども掲載。A4判68ページ。1部500円。

 問い合わせは同ネットワーク事務局(富山東別院=076・421・9770)。【青山郁子】

毎日新聞 2008年3月8日

http://mainichi.jp/area/toyama/news/20080308ddlk16040687000c.html

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/962

トラックバック

» 「人間回復のことば」 from 玉永寺 こころおきらく日誌
下にも説明がありますが今手にして、すばらしい本だと思いました 「障害者」である河... [Read More]

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)