« 玉永寺通信第33号 | メイン | 「人間回復のことば」 »

2008年03月11日

●親鸞の御流罪に聞く我らの救い

sinran.JPG

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/967

コメント

出席いしたく存じますが、3月31日は、なにせ定年退職最後の日なので、残念です。

阿満さんにお会いになることがありましたら
5月12日 お待ちしておりますと
できますれば お伝え頂けると幸いです

http://www.gyokueiji.net/blog/2008/03/post_707.html

4月19日(土)に『唯信鈔文意』の会でお目にかかれますが、個人的にお話ができるかどうか。。。。
それよりも5月にσ(^^)が、まじめな親鸞聖人研究者であることを喧伝願いたいと思います。
(^_^)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)