« 聖徳太子 | メイン | いよいよ明日になりました »

2008年04月17日

●13組華の会

下の内容で聖徳太子についてお話してきました

話しながら気づいたのは
聖徳太子は男性で その本地である観音菩薩は女性で
いずれにせよ 有情を護持養育する「親」というイメージを
親鸞はもっていたんだなぁ そして

「護持養育」は化身土巻の末法灯明記から
「無戒名字の比丘」とセットで出てくる言葉であって
延暦寺の最澄に 法難関連でこういうことを語らせるというのは
皮肉なのか もっと広い心でものを言っているのか
親鸞はどういうつもりだったんだろうかなぁ と思いました

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/985

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)