« 組 同朋大会 | メイン | 勝訴七周年記念シンポジウム »

2008年06月20日

●ハンセン病問題公開講演会

西本願寺高岡会館礼拝堂で行われた公開講座に参加してきました
宮里良子さん(れんげ草の会〔ハンセン病遺族・家族の会〕副会長)のお話です
社会からの激しい偏見と差別に晒され
自らを偽ってしか生きられなかった苦難
いまも 親を恨んでいるとおっしゃる家族の方もいらっしゃるそうです
しかし 宮里さんは こうしてその経験を話せるようになった
心を開ける時代になり 試練を与えられたと思っている
こうしてお話をされるのは両親が与えてくれた使命だと
感謝しているとおっしゃいました
富山の家族にも心を開いて欲しいとのことです
SBSH0046.jpg
明日は富山市民プラザで「新・あつい壁」の上映と
宮里さんのパネルディスカッションが行われます
玉永寺からも10人 参加いたします

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1019

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)