« ハンセン病患者、北京五輪入国拒否 | メイン | 玉永寺同朋の会 »

2008年06月25日

●華の会

13組若坊守会 会場は常光寺

これまで正信偈 和讃と読んできて 今回は回向文について話しました

大乗仏教の誕生と共に生まれた回向という概念
歎異抄に引用されている信心一異の論争「たまわりたる信心」
教行信証における二種回向の展開
勤行に使われる3つの回向文の違い

以上のような内容です

今回 聖典を多用したのですが
参加者から教学、作法についての詳しい質問が出て
関心の深さにちょっと驚きました 住職方も うかうかしていられませんよ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1022

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)