« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月27日

●10月の予定

6日 富山東別院報恩講 法話
7日 岩瀬 善教寺報恩講 法話
9日 安田理深「真仏土巻聴記」読書会 野々市 常讃寺
11日 玉永寺子ども会
18日 組主催同朋の会 上市 浄誓寺 テキスト「観無量寿経ガイド」
20・21日 玉永寺報恩講
24日 滑川 立剋寺報恩講 法話

各地区門徒・寺院報恩講に参ります

●玉永寺同朋の会

テキスト「おつとめのほん」正信偈 道綽章 15名の参加
講義は 聖道門・浄土門 自力・他力 三信 末法思想 悪人
座談会は死刑制度について賛成論、反対論で盛り上がりました
SBSH0003.jpg
報恩講、冬季にて 残念ですが 来月から2月まで休会となります

2008年09月25日

●「ハンセン病はいま」

大谷派の機関紙「真宗」10月号に 私の文章が載りました
ima1.JPG
ima2.JPG
解放推進協議会→解放運動推進協議会

テキストはこちら

2008年09月24日

●お米をありがとうございます

「ごはんいっぱい運動」を始めて まだ10日ほどですが
これまでにいただいたお米を困民丸ハウスに届けてきました
SBSH0011.jpg
28日の炊き出し、あるいはハウスの運営に使ってもらいます
みなさまに感謝します 「いっぱい運動」は12月まで続けます

2008年09月20日

●組同朋の会・浄青僧第2回研修会

18日 
上市 浄誓寺 組同朋の会 テキスト「観無量寿経ガイド」 禁母縁
なぜ釈尊は請われていないのに 韋提希の許に現われたのか
なぜビンバシャラ王のところには現われなかったのか
韋提希の号泣と激白の意味 それを非難できるか?

19日
西本願寺高岡会館 礼拝堂
高岡教区寺族青年会(鸞翔会) 浄青僧第2回研修会「ハンセン病と浄土真宗について」
多磨全生園 真宗報恩会 「しんらんさまは なつかしい」を紹介
長島愛生園 Mさんのことについて報告
皇室と真宗教団と隔離政策の密接な関わり キーワードは「仁慈」

1930(昭和5)4月 国際衛生会議(「国恥」としての政策が始まる)
        11月 貞明皇后 「御手許金」24万8千円を「下賜」
           大谷派全国社会事業大会 東京浅草別院 大谷派光明会設立可決
        12月 安達謙蔵内務大臣東西両本願寺訪問 ハンセン病予防救済協力要請
1931(昭和6)「らい予防法」「改正」(強制隔離始まる)
         らい予防協会 認可 (貞明皇后の御手許金により)
        大谷派光明会発会 総裁 大谷智子「裏方」 (香淳皇后妹)
1932(昭和7)智子総裁による長島愛生園「納骨堂」建設寄付金「下付」
         貞明皇后 大宮御所歌会「らい患者を慰めて」
         「つれづれの友となりてもなぐさめよ ゆくことかたき我にかはりて」
1934(昭和9)智子総裁を迎えて納骨堂竣工式
1935(昭和10)本願寺派裏方(貞明皇后妹)を迎えて「恵の鐘」鐘付式

パターナリズム 救済するもの・されるものの固定化
天皇信仰を中心とした日本近代化(富国強兵)に真宗教団が積極的貢献

●玉永寺同朋会葉書

doubou0809.jpg

2008年09月14日

●「ごはんいっぱい運動」の試み

忙しさから ホームレス支援活動に なかなか関わることができません
そこで 私にできる運動を 私ひとりから始めてみようと思います
明日から報恩講がはじまりますが 一軒に一杯のお米をお願しいていきます
gohan1.jpg
gohan2.jpg

●玉永寺報恩講チラシ

08houonnkoutira.jpg

2008年09月13日

●玉永寺子ども会

年末の「さようならとかんしゃの集い」打ち合わせの後 ゲームをしました
参加者は少なかったのですが 楽しいひと時を過ごしました
後ろで しんらんさまが 笑ってます(?)
SBSH0002.jpg
SBSH0006.jpg

●駿河療養所訪問

「ハンセン病問題ふるさとネットワーク富山」で以下のような企画をしています
関心のある方は 御連絡ください

駿河療養所訪問について(案)
1.日 時  10月1日(水)~2日(木) 
2.訪問先  国立駿河療養所・こうやま神山復生病院
3.内 容 入所者の方々や退所者の会、支援グループとの交流・フィールドワーク・施設見学など
4.交通手段 バス、またはワゴン車(参加者数により決定)
5.日 程

初日
07:00  高岡発(西本願寺高岡会館)
07:30  富山発(富山西別院)
(→塩尻→中央自動車道→御殿場)
14:30  駿河療養所到着
14:30  支援者の会・入所者との懇談
16:30  休憩
17:30  夕食・懇親・宿泊

2日目
09:00  神山復生病院見学
12:00  病院発
19:00  富山着 
<要項>
会費は10,000円を予定。
宿泊は療養所内の面会宿泊所を予定。
初日の夕食宿泊、2日目の朝食は準備いたします。道中の食事飲食代は各自でご負担ください。
移動がワゴン車になった場合、参加者のなかでドライバーをお願いすることになりますので、予めご了承願います。
その他、詳細については参加者に、後日、個別に連絡。

2008年09月09日

●子ども会葉書

kodomo0809.jpg

2008年09月08日

●華の会

13組 若坊守会 御文5帖目第10通 「聖人一流」

「信」への注目は 龍樹 曇鸞へと受け継がれていること(論註)
第10通は歎異抄第14章を受けていること 歎異抄と蓮如との関係
「一念発起 入正定聚」を曾我量深「信に死し 願に生きよ」と対照させる

質問 歎異抄における「悪人」とは何か
張偉さんの「悪人としての絶対的平等性」から説明

質問 現世利益を説く宗教にいかに対抗するか
悩み苦しみを認め それさえも私自分であると受けとめる力を持つのが浄土真宗

●玉永寺通信 第34号

完成し 印刷 発送作業に入りました
御門徒の方々へは近日中に届きます

web版を以下のアドレスに公開しました
http://www.gyokueiji.net/0809.pdf

2008年09月03日

●教区御遠忌の写真

5月 富山での御遠忌法要の際に私が写っている画像をいただきました

別院創立記念碑の除幕式
goenki1.jpg
goenki2.jpg

合唱団による音楽法要
goenki3.jpg