« 玉永寺通信 第34号 | メイン | 子ども会葉書 »

2008年09月08日

●華の会

13組 若坊守会 御文5帖目第10通 「聖人一流」

「信」への注目は 龍樹 曇鸞へと受け継がれていること(論註)
第10通は歎異抄第14章を受けていること 歎異抄と蓮如との関係
「一念発起 入正定聚」を曾我量深「信に死し 願に生きよ」と対照させる

質問 歎異抄における「悪人」とは何か
張偉さんの「悪人としての絶対的平等性」から説明

質問 現世利益を説く宗教にいかに対抗するか
悩み苦しみを認め それさえも私自分であると受けとめる力を持つのが浄土真宗

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1070

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)