« 善教寺報恩講 | メイン | 玉永寺子ども会 »

2008年10月10日

●安田理深「真仏土巻聴記」読書会

9日 その前に
石川県立美術館「法隆寺の名宝と聖徳太子の文化財展」 に立ち寄りました
実物の玉虫厨子は大きく感じました 「捨身飼虎図」「施身聞偈図」を拝見
能登 松岡寺の「聖徳太子孝養像」がとても立派
太子信仰のルーツと北陸での広がりが分かる展示でした

輪読会は夜8時から 野々市町 常讃寺にて
十二光についての論考でしたが
「迷いがない人ほど 恐ろしいものはない」といった話が出ました

次回の読書会は 城端別院報恩講にて 藤場俊基さんの法話の後
11月11日~12日 夜9時半から一泊で行います

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1086

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)